第35回人工知能学会 AI チャレンジ研究会のお知らせ

-ロボカップ2012世界大会に向けて-

第35回人工知能学会 AI チャレンジ研究会概要

  • 開催日:
    1. 2012年5月4日(金)10:00-16:40
    2. ロボカップジャパンオープン2012併設(ジャパンオープン開催日は2012/5/3-5/5)
  • 開催場所:
    1. 大阪工業大学 東学舎2号館1F ロボット工学科会議室 (JABEE資料室) (キャンパスマップ)
  • 参加費等:
    1. 投稿料ならびに参加費は不要です.
  • 講演申し込み〆切:
    1. 2012年4月916日(月)
  • 参加申し込み:
    1. 聴講の申し込みは不要です.直接会場へ,お越しください.
  • 担当幹事:
    1. 植村渉(龍谷大学),光永法明(大阪教育大学)

予稿

予稿を研究会のサーバで公開しています.

プログラム(1件25分)

  • 10:00 - 10:25 強化学習を用いたサッカーエージェントのボール保持行動獲得
      秋山英久[1],岡山智彦[2],中島智晴[2]
      [1]福岡大学,[2]大阪府立大学

  • 10:25 - 10:50 エージェントの意思決定における振動低減
      成本洋介[1],中島智晴[1],秋山英久[2]
      [1]大阪府立大学,[2]福岡大学

  • 10:50 - 11:15 ロボットモーションプランニングの自動化に向けてのロボットモーション実行基盤の開発
      加藤央昌,石原裕平,清水優,橋本学
      中京大学大学院情報科学研究科

  • 11:15 - 11:40 Differentiation within Coordination in Acquisition of Skilled Throwing
      Jihoon Park[1], Yuji Kawai[1], Takato Horii[1],Yuji Oshima[1],Kazuaki Tanaka[1,2], Hiroki Mori[1], Yukie Nagai[1], Takashi Takuma[3], and Minoru Asada[1]
      [1]Osaka University, [2]CREST, Japan Science and Technology Agency,
      [3]Dept. of Electrical and Electronic Systems Engineering, Osaka Institute of Technology

  • 11:40 - 12:05 Likelihood estimated by two types of Neural Networks
      C.-H. Lee, L.-W. Lu, N. M. Mayer
      Nat'l Chung Cheng University,

(休憩)

  • 13:30 - 13:55 RoboCup小型ロボットリーグにおけるキック検出手法の検討
      安井興太郎,村上和人,成瀬正
      愛知県立大学情報科学研究科

  • 13:55 - 14:20 不均一なモジュールの組み合わせによるロボットの構築
      足立匠[1],長坂保典[2],藤井隆司[3],佐伯守彦[1],柴田祥一[1],岡崎明彦[1]
      [1]中部大学大学院工研究科,[2]中部大学工学部,[3]中部大学全学共通教育部

  • 14:20 - 14:45 距離センサを用いたロボット間通信に関する一考察
      小田翔平,植村渉
      龍谷大学

  • 14:45 - 15:10 自律移動ロボットの環境地図とセンサ情報に基づく隠れ領域を考慮したリアルタイム速度制御
      萬礼応[1],森口智規[2],盒鏡擬[3]
      [1]慶應義塾大学大学院,[2]村田機械株式会社,[3]慶應義塾大学

(休憩)

  • 15:30 - 15:55 ロボカップジュニアサッカーチャレンジへ参加することを目標としたロボットプログラミングテキストの試作
      光永法明,山形慎平
      大阪教育大学

  • 15:55 - 16:20 人間とロボットのサッカーゲーム実現に向けた考察と開発環境の提案
      和田拓也[1],高橋友一[1],清水優[2]
      [1]名城大学,[2]中京大学

  • 16:20 - 16:45 ロボットオペレータチーム訓練環境の一提案
      清水優[1],高橋友一[2]
      [1]中京大学情報理工学部,[2]名城大学理工学部

公知日について

なお本研究会では,聴講者の便宜を図るため,研究会の1週間前に予稿を公開する予定です.公知日が研究会開催日より早まりますのでご注意ください. 第35回では 2012年4月27日(金) 以降に公開の予定です。

講演募集

人工知能学会 AIチャレンジ研究会では,第35回研究会のテーマを「ロボカップ2012世界大会に向けて」とし,ロボカップに関連した研究の講演を募集します.参加チームの内容やこれからの課題を含めてさまざまな観点から議論を進められる講演をお待ちしています.また,第35回のテーマに限らず本研究会の研究テーマと関連する投稿もお待ちします。

開催日は 2012年5月4日(金)です.講演申し込み〆切は4月916日(月)です. カメラレディ原稿(使用言語は日本語または英語,最大6ページまで)と,連絡先:

  • 講演者氏名:
  • 連絡担当者氏名:
  • 連絡担当者所属:
  • 連絡担当者 E-mail アドレス:
  • 連絡担当者の住所等*1:(住所/電話番号/FAX番号)

を明記の上,下記原稿送付先までご送付ください.

原稿は,PS または PDF 形式で作成してください. PDF を作成される場合には,画像のクオリティが印刷に耐えられるよう ご注意いただき,PDF と共に,PS または MS-Word 形式もご送付ください (電子論文集作成に使用します).

なお,本研究会では,予稿の完全な電子化に取り組んでいます. 紙による予稿の配布は行わず,電子ファイルのみの配布とする予定です.

*1 所属機関の住所,電話番号等を記載してください.

研究テーマ:

  • Multi-Agent Systems
    1. Multi-Robot Systems
  • Sensor-Motor Control
    1. Vision and Image-Processing
  • Self-localization and Navigation
    1. Planning, Reasoning, and Modeling
  • Learning and Adaptive Systems
    1. Cooperation and Collaboration
  • Simulation and Visualization
    1. Realtime and Concurrent Programming
  • Embedded and Mobile Hardware
    1. Non-conventional Actuation Systems, especially Artificial Muscles
  • Next Generation Sensors for Robots
    1. Mobile Robots and Humanoids
  • Search and Rescue Robots
    1. Robotics and Science Education
  • Adjustable Autonomy
    1. Adversarial Planning
  • Disaster Rescue Information Systems
    1. System Integration and Software-Engineering
  • Computer and Robotic Entertainment
    1. Speech Synthesis and Natural Language Generation
  • Distributed Sensor Fusion
    1. Omnidirectional Vision
  • Dynamic Resource Allocation/Heterogeneous Agents
    1. Smart Materials
  • Fuel Cell Batteries
    1. New Devices and Materials for Robots

問い合わせならびに原稿送付先:

  • 植村 渉
  • Email:wataru@rins.ryukoku.ac.jp
  • 龍谷大学 理工学部 電子情報学科

原稿サンプル:

カメラレディ原稿サンプル(pdf):

更新履歴

  • 2012/3/5: CFP作成
  • 2012/4/9: 締切を16日に延長しました
  • 2012/4/25: プログラムを公開しました